tlakshow2017top_03

 

TALK SHOW|Vol.5
Harvest Festival Tapestry at PHAETON

佐久間 裕美子 × 早坂 香須子
 


Q4. 早坂さん、強い女性ってどんな人でしょう?

趣味は「仕事」です。

シングル/独身

佐久間裕美子
早坂さんは最近シングルに、なられたと。
早坂香須子
はい。1年前ぐらいですね。
佐久間裕美子
そう伺って、私はすごく・・

なんかやっぱり
「羨ましい」って言われるわけ。
環境がね。その、
誰も何も言わないしさ。ほとんど。
なんか別に何も問題もないっていうか。

だけど、日本に帰ってくると、
ちょっと本に書いたけど、
「私はおかしいのではないか?」とか、
なんか・・ねぇ?笑
早坂香須子
ふふふ
佐久間裕美子
で、それって自分もちょっと
いやらしいんだけど、
彼氏欲しいフリとかしちゃったりとか
する時も・・
早坂香須子
あははは、フリ?
佐久間裕美子
そう。フリ!
「あぁ〜私も欲しい!」とか言って。
早坂香須子
ふふふふ
佐久間裕美子
で、あれ今私なんて言ったんだろう?みたいな。
最近、文筆家の方と対談していた時に、
それ、なんだろうね、って言ったら
「サービスだよ」って。
早坂香須子
リップサービスね。
佐久間裕美子
そう、リップサービス。
全然サービスのつもりは無いんだけど、
なんかやっぱり、
欲しがることが当たり前
なんじゃないかっていう風に
刷り込みが、かつてはあったからね。
なんかそれを、思ってしまうんだけど。

日本にいる独身とかシングルの女の子からは、
もうこんなこと言われて、こんなひどいとか、
聞くからね。
早坂香須子
まあ、でも私のいる業界が特別すぎて・・
佐久間裕美子
そうだよね。そうね。
早坂香須子
結構強い人が多いですよね。
何かシングル多いけど、
結婚してるしてないだけじゃなくて
彼氏とか。
楽しすぎて・・・
佐久間裕美子
いいことだ。
早坂香須子
ふふふ

良く無いかもしれないですけどね。笑
男女が関係なくこう
やっぱりこう友達と会って
いろんな近況報告したりとか、
話したりとか。

仕事も楽しいし、
やっぱりどうしても仕事が絡む
友達が多くなる。

なんだろう、
趣味が仕事みたいなもんだからさ。
ちょっと仕事絡みの話も・・

ほら、サラリーマンとかだと
「酒の席は仕事の話はやめようぜ」
みたいなね。
佐久間裕美子
はいはい。
早坂香須子
仕事の話とかも楽しいじゃん。
佐久間裕美子
楽しい。
佐久間&早坂
あははは
佐久間裕美子
やっぱり時々病気かなって思うよね。笑
でも、そういうのがつらい人は
そういう業界に行けばいいんだよね。
そういう人がいっぱいいる業界に。
早坂香須子
うん。是非来てください!
(会場に向けて) 
佐久間裕美子
リクルートリクルート。笑

ナイスで勝つ!

佐久間裕美子
この前もね、トークショーに行ったら
それに、そうやって聞かれたら、
なんて答えればいいか?
という相談を受けたんですね。

その・・
彼氏を自分は欲しいと思っていないのに
「その内彼氏できるよ〜」とか言われたら、
なんて返せばいいかって言われたから、
それは笑顔で、

「それって優越感?」

って聞きなよ。って。
みなさん使ってください。笑
早坂香須子
あはははは
佐久間裕美子
私もいい答え思いついたなぁと思って。笑
早坂香須子
今日イチのメモだね。笑
佐久間裕美子
そうそう。でも、これは笑顔で。
早坂香須子
そう笑顔で。
佐久間裕美子
イラっとした顔で言うと、
途端にビッチになって
よりなんか嫌な感じになるから。
PHAETON
会場:笑
佐久間裕美子
笑顔で。
早坂香須子
ちょっと止まらなくなりそうだもんね。
佐久間裕美子
そうそう。
ただ、練習が必要。笑

その「笑顔方法」はどこにでも適用できて、
なんか上司にムカついた時とかに、
「なんでですか!」って言うとダメだけど、
ニコッと「ズルいじゃないですか」とか言うと、
急になんか、ねえ。
早坂香須子
本当コミュニケーション能力のひとつだよね。
笑顔って。
佐久間裕美子
笑顔って。
早坂香須子
なんだろうな、同じこと言っててもね。
佐久間裕美子
そうそれで、嫌な奴ほど
ナイスにするっていうね。
「ナイスで勝つ!」っていう。
早坂香須子
上乗せする?
佐久間裕美子
上乗せするの。
あっちが「すいませんでした」
って思うくらいナイスに返す。
早坂香須子
なるほどね〜。
いや勉強になります。
ね、対人関係。
佐久間裕美子
そのムーブメントに
皆さん参加してください。
一人運動やってるんで。笑
早坂香須子
ははは

えっと何の話してたんだっけ?
佐久間裕美子
シングルシングル。
早坂香須子
そう、シングルね。

恋愛がしたい。彼氏が欲しいではなく。

佐久間裕美子
楽しいから、大丈夫なんだよね。
早坂香須子
大丈夫だけどいいのかなって
思う時はある。

でも、全然あの〜
私は欲しいですよ?
佐久間裕美子
欲しいですよ。
早坂香須子
欲しいですか?
佐久間裕美子
う〜ん・・・
早坂香須子
まあそうでもないんだよね?
なんか無理して・・じゃないかな。
それが一番のプライオリティだよね。
佐久間裕美子
結構なんかね、
人間関係ってさ、お互いの妥協だから。
一緒に暮らすとかなったら、
皆さんやってらっしゃる方も
いると思うんだけど
それが多分私はマイペース過ぎて。

割と合わせられないから、
あちらが合わせてくれるしか無いわけ。
みたいになっちゃうじゃないですか。

それを求めるのもおかしな話だし、
ってこう自分みたいなタイプだと、
お互い好き勝手やってるから

「あれ、付き合って意味あるの?」
みたいな・・なるんですよ。
早坂香須子
あははは
佐久間裕美子
だったら、別に、まあ。うん。
だってやっぱりさ、
「恋愛をしたい」よね。 
早坂香須子
うん。
佐久間裕美子
「彼氏」じゃなくて。
早坂香須子
うん。
好きな人がいた方がいいんだ。
佐久間裕美子
あ、すごく頷いている人がいる。笑
PHAETON
会場:笑
早坂香須子
それって一番女の子が可愛くなるし。
佐久間裕美子
そうね。

私は女性性と断絶されているって
言われたくらいなので。笑
恋愛はしていないんですけれどね。はい。
早坂香須子
ははは
佐久間裕美子
まあたまにはするんですけど、
恋愛とは言えないかな〜・・
早坂香須子
そういう気持ちを、
インタビューとかで
補っちゃってる?
佐久間裕美子
そうなの、そうなの。
早坂香須子
そのぐらいの引きがないと、
行かないじゃん、だってさ。
すごいとこ行ってるじゃん。

私のプレゼンに間違いがあったかもしれませんが、

佐久間裕美子
そうなんですよ。
その時は好き〜って行くんですけど、
それはもちろん恋愛感情じゃないわけだから。

でもそれがうっかり相手に、
「好き」を間違った風にとられちゃって、
いやいやいやいやって、笑

「いや、だって今自分
(佐久間さん)来たじゃん?!」

みたいになって。笑
っていうのはあるけどね。
あります。
早坂香須子
ふふふ
そういう時は説明するの?
佐久間裕美子
「あの〜
私のプレゼンに間違ったところが
あったかもしれませんけど、
そういうつもりじゃ無かったんです」

みたいな感じで。
正直な気持ちで。
早坂香須子
私も今一番大事にしてるの
正直な気持ち。
佐久間裕美子
難しいよね〜
早坂香須子
やっぱり正直な気持ちになるのが怖い
ってこともあるじゃない?
佐久間裕美子
例えば?
早坂香須子
例えば・・?ふふふ。笑

だってさ、「好きです」って言って
「プレゼン間違ってたんです」って
言われたら、逆で言われたらさ・・笑
佐久間裕美子
確かにね〜。笑
早坂香須子
まあ、結果そこで決着がついて、
「じゃあ違うんですね」って
「じゃあお友達で」ってなるから
新しい関係が始まるから
それもいいのかもしれないけど・・
佐久間裕美子
でもその「好きです〜」っていう気持ちが
私は羨ましいよ。
早坂香須子
ん〜

弱さっていうのは、実は強さである。

佐久間裕美子
なんかその、やっぱり
この間ね、日記に書いたんだけど
詳しい内容は忘れちゃったけど、
書いて忘れるなよって感じなんですけど。笑
PHAETON
会場:笑
佐久間裕美子
「弱さっていうのは実は強さである」
っていう話があって、やっぱり
「好きです」とかっていうことって
自分の相手に、弱さを見せる。っていう。

それが出来るっていうことは
すごい強いっていうことであるという。
のを、読んで。

私も人に「好きです」って言える・・
私は、取材のことだったらさ、
「私はあなたの話を書きたいんです」
っていくことに対して、
「いやいやいや、無理」って
言われることはあんまりないからね?

拒絶されないわけじゃないですか。
まあ、たまにあるけど。
でもまあ、そういう時は大体理由があるし。
そういうのはそんなに傷つきませんけど、
やっぱり私は傷つくのが嫌だから
男の人のことを好きにならないっていうのは
あるのかな〜と思う。

「正直」と「素直」

早坂香須子
その「傷つく・傷つかない」問題
っていうのも結構なんか
根が深いなって思ってて。

みんな色々経験してきてるじゃない?
そういう中で、
仕事の人間関係全般的にさ、
「これ言ったら傷つけちゃうかな?」
とか思うし、
佐久間裕美子
あるあるある。
それはあるね。
早坂香須子
でもやっぱり正直に言った方が
後々全部うまくいくっていうことがね、
それがやっぱり。
佐久間裕美子
そういうのって言わないと、
後でやっぱり「言っとけばよかった」
ってなるよね。
早坂香須子
うん。
だから私の今の人生のテーマは
「正直」、
佐久間裕美子
うん「正直」。
早坂香須子
と「素直」。
佐久間裕美子
「素直」ね〜。
早坂香須子
一番難しい。
佐久間裕美子
修行ですから。日々。
早坂香須子
ほんとだよね〜 こんな簡単なことですいません。

 


◁ Vol.4△ 目次を見る Vol.6 ▷