Interview
teteria SUSUMU ONISHI

2017. 10/28sat・29sun
TEA WORKSHOP &DESSERT PARTY Vol.3
美味しい紅茶とお菓子の時間

テテリア 大西 進  at PHAETON

TEA WORKSHOP
PHAETON
まずは、大西さんの自己紹介をお願い致します。
teteria 大西 進
自己紹介ですか?
PHAETON
はい。定型の紹介文だけでは見えない部分、つまり実際にお会いした時の印象が、自己紹介していただくことで大西さんのお人柄がもっと伝わるのではないかと思いまして。
teteria 大西 進
なるほど、わかりました。
 
テテリアの大西です。紅茶の茶葉の販売と、各種イベント・紅茶教室などをやっています。1976年生まれ。41歳です。(2017年10月27日現在)一番最初に紅茶に興味を持ったのは、イギリスの探偵小説を読んでいて、そこから始まりました。それが中学生ぐらいの時で、それから高校生になって喫茶店に行くようになり、そこで働くお姉さんのことが好きになっちゃって、毎週通うようになって(笑)。コーヒーが飲めなかったので、紅茶を飲む様になった、というのが紅茶との出会いです。
 
と、こんな感じですかね。
PHAETON
ありがとうございます。
喫茶店のエピソードも掲載してよろしいでしょうか?笑
teteria 大西 進
どうぞどうぞ、有名なエピソードなので。笑

紅茶の一番の魅力

TEA WORKSHOP
PHAETON
ありがとうございます。
それでは、ひとつめの質問になります。
「紅茶の一番の魅力」はなんでしょうか?
teteria 大西 進
「色」ですね。赤い色は、紅茶独特なんです。きれいなクリアな赤い色を見るたびに本当にハッとしますね。それが生活の中にあるというのが、すごく刺激になります。
PHAETON
それはやはり、
茶葉によって全然表情が
違うのでしょうか。
teteria 大西 進
そうです。淡いオレンジから濃いオレンジ、真紅、黒っぽい感じの茶色のグラデーションまでズラッととあるんですけど、それもお好みですよね。僕はこう赤い綺麗な色がパーンとカップの中に見えると、グッときますね。
PHAETON
いつも大西さんのinstagramに
投稿されている紅茶のお写真は、
本当に宝石のように色鮮やかですね。
teteria 大西 進
なるべく綺麗に
見えるようにしていますから。笑
PHAETON
昨年のイベント紹介の
ポストカードに使わせていただいた
紅茶のお写真も本当に
赤とピンクが美しかったです。
teteria 大西 進
そうなんですよ〜。「紅茶を見て欲しい」というのがあるので、なにかその「紅茶とそうでないものの境界線みたいなところ」を写真に関してはですが、そういうのを意識してます。
PHAETON
これが仮にコーヒーだと
黒っぽいカラーだけになりますね。
teteria 大西 進
そうですね、黒と、
あとラテアートですか。
ラテアートはすごくいいですね。
PHAETON
ラテアートが
お好きなんでしょうか?
teteria 大西 進
はじめは何とも思って
なかったんですけど、ほらあれは
「コーヒーであることのサイン」
じゃないですか。
PHAETON
なるほど。
teteria 大西 進
テーブルの上にカップが1つ2つあって、その上にラテアートが載っていたら、それは「コーヒーのシーン」なんです。何の説明もいらない。それはすごいことだったな、と思って。それ以外の飲み物ってそういうことやらないじゃないですか?抹茶とかまあ、派生しているものはありますが。ああいうのが、なぜアートなのかな、と最初は思っていたんですけど、逆の意味でいくと、サインとして確立させたなと。
PHAETON
描いてある絵ではなく、
「ラテアートのある風景」
ということでしょうか。
teteria 大西 進
そう、あれが置いてあるシーンが
「コーヒーのシーン」なんです。無言でも。

紅茶にはそういうのがないので、
悔しい思いをしました。

あれ、何の話してたんでしたっけ?
PHAETON
紅茶の魅力の話ですね。笑
teteria 大西 進
そうでした。
紅茶の色ですね〜。笑。
PHAETON
大西さんの紅茶の中にも、カップの上にモコモコした泡がのせられたものがありますが、あれはそういう意味で対抗して作られたのででしょうか?
teteria 大西 進
・・と、いうわけでもないんですよ。モコモコのものは、泡とか、ふわっとしたものは濃い味の緩衝材になるんですよ。なので、紅茶の、ミルクティーとかだと強い味になるんですけど、その味の一歩前にふわっとした何かこう緩衝材が入ってからお茶が入る。そういう(紅茶の)構成として使っています。なので、ふわっとした味の下には、強い紅茶があり、それが合わさって滑らかになる設計になっているんですよ。
PHAETON
紅茶にも設計があるんですね。
teteria 大西 進
そう、設計というか構成があるんですよ。
どういう順序で入っていくか、
それでまったく味の感じが違うので。
PHAETON
ということは、
同じ素材の組み合わせでも、
構成を変更すれば・・
teteria 大西 進
そう、また違うんです。牛乳の多さとか、どの素材ががメインかってことにもよるんですが、牛乳を最後の印象に残すのと、紅茶を最後に残すのと、というのはありますね。
PHAETON
単純に入れる素材の
順番を変えたりなどでも
変わるのでしょうか?
teteria 大西 進
そうですね、
あと、素材の量の関係も。

まあとにかく、
色を見て欲しいですね。
紅茶に関しては。
PHAETON
色を楽しめる飲み物
というのはあまりないですね。
それこそ、紅茶でしか
見られない色がたくさんあります。
teteria 大西 進
紅茶が、赤色に関してはやっぱり秀でている感じがしますね。琥珀色から赤色まで。いろいろ揃ってますね。ワークショップではぜひ、その赤色を楽しんでください。

紅茶初心者へ一言アドバイスを

TEA WORKSHOP
PHAETON
紅茶の絵本を拝読させていただきました。とても楽しくてわかりやすく、紅茶を始める方にとってのバイブルになりそうです。これから紅茶を始める方に向けて一言アドバイスがあればお願いします。
teteria 大西 進
いい紅茶、質のいい紅茶を飲んで欲しいですね。始めるにしても。何にしても。それはもう慣れてるとか慣れてないとか素人とか玄人とか関係なくて。何にしろ良いと言われているものは綺麗な味がするので。そういうものから、良い茶葉から始めて欲しいですね。
PHAETON
それは美味しい紅茶屋さんに行った方が良いのでしょうか。茶葉を選んで自分で淹れる前に、体験しに行った方が良いでしょうか?
teteria 大西 進
それもそうですよね。
そうなのかなー。
PHAETON
自分で淹れると、
やっぱり上手に淹れられない
可能性もありますし。
teteria 大西 進
専門で取り扱ってるところに
行ってもらって、
一度楽しんでもらうと
いいかもしれませんね。
PHAETON
大西さんのように
完全に紅茶専門でやってらっしゃる
方はあまり多くないのでしょうか?
teteria 大西 進
そうですね、でも大体、県や市に1つぐらいは紅茶専門店があるので。ただ、そのお店によって、趣味がわりとカントリーな感じとか、そういうところも多いので、自分の行きたいお店と趣味が合うかどうか、というのは難しいところかもしれませんね。そういう良いお店との出会いがあるといいですけどね。紅茶との出会いがどこかにあると良いですね。
PHAETON
大西さんが常に
「ここで紅茶を淹れています」
というスポットはあるのでしょうか?
teteria 大西 進
それは特になくて。お店もないので、アトリエがあるだけで。お店さんに茶葉だけを卸しているっていう感じですかね。イベントとかでは淹れにいきますけど。
PHAETON
そういう意味では、
イベントで大西さんに
淹れていただけるというのは
かなり貴重な体験ですね。
teteria 大西 進
いや〜、もうこちらの方が貴重な時間として捉えています。直接人と会って話をしながら淹れるのが好きなので。そういう時間ってほんとないじゃないですか。いつも一人で仕事をしているので。だからもう、すごい楽しみでもあり、緊張感もあるっていう。やっぱり楽しいですね。飲んでもらうっていうことが。
PHAETON
元々はデモンストレーションを
行うことが前提で
紅茶教室を始められたんでしょうか?
teteria 大西 進
ちょっと違いますけど、ライブみたいなもので、実際淹れるところを見てもらうことが一番大事で、あんなに簡単でいいんだとか、そこが大事なんだとか、何かこうヒントになるかもしれない。僕も紅茶を淹れるのが上手な人の手を見て覚えたので、そういう体感をするっていうか、目の前で見るっていうことにヒントがいっぱいありますね。
PHAETON
目で覚えた方が
良いということですね。
teteria 大西 進
そうそう、そうなんですよ。あとはもう淹れた回数だけ。あの宮本武蔵が、3年と10年とっていうのがあって、剣の素振りを千日やる、万日やる、それを通して上達していく、みたいなものがあるんですよ。そのためには3年ぐらいかかるっていうので、毎日日々続けることで形が出来ていくっていう。

紅茶で言えば毎日紅茶を、3年とは言いませんが、1ヶ月2ヶ月、毎日毎朝紅茶を素振りのように淹れ続けて飲んでいくと、100回淹れた後と、1回目とでは全然違う紅茶になっているので。それを地道に取りに行くというか「迎えに行く」って言ってるんですけど。「味を迎えに行く」と美味しさを感じますね。
PHAETON
「味を迎えに行く」

素敵な言葉ですね。
teteria 大西 進
ええ、何しろね、(毎日淹れないと)やってこないですからね。探しに行かないと無いし、普通に生活していて美味しい紅茶が飛び込んでくるっていうこともまず無いですから。やっぱり欲しいものを、それを欲することがあれば「迎えに行く」と、いつも思ってますね。それで、やってみる。何度も何度もやってみると。美味いとか不味いとか関係なく、回数をやっていくといいと思います。
PHAETON
ありがとうございます。

 

 後 編 ▶︎