Category: EVENT (page 2 of 2)

TALK SHOW|佐久間 裕美子 × 早坂 香須子 – Vol.3

tlakshow2017top_03

 

TALK SHOW|Vol.3
Harvest Festival Tapestry at PHAETON

佐久間 裕美子 × 早坂 香須子
 


Q2. 早坂さん、メイクとスキンケアの関係は?

2017. 10/7|TALK SHOW - Harvest Festival Tapestry  at PHAETON

メイクとスキンケアって全く違うもの?

佐久間由美子
じゃあ、(次の質問は)私から。
 
早坂さんはメイクアップアーティスト
じゃないですか。
それで、結構バリっとした世界でやってたわけじゃないですか?
早坂香須子

うん。

佐久間由美子
キラキラ系とかも。
スキンケアとかもやり始めたりして。
早坂香須子
うん。
佐久間由美子
あの〜、メイクとスキンケアって
繋がっているようですごく違うものでしょ?
早坂香須子
・・・
確かにねぇ〜。
まあ結局でもスキンケアで、
肌をちゃんと綺麗にしておかないと、
上に・・・
本当に、もうさ、ユミちゃんぐらい
メイクしないだったら、
「全くしない」でいいの。

でも、上にのせたい人は、
やっぱりシワちゃんと
流してしておかないと、なんだろうな、
盛っていかないといけなくなるんだよね。

じゃあ、これを隠すために
ファンデーション厚くする、とか、コンシーラー・・
今日は男性が多いから、あんまり・・
ちょっと言ってもわかんないかもしれないけど。

知っておいた方がいいですよ→男性

佐久間由美子
(会場男性に向けて)
知っておいた方がいいですよ。笑
早坂香須子
ははは!
 
(男性に向けて)コンシーラー
っていうのがあるんですよ。
固いファンデーションみたいなのが。固形のね。
それを塗って、パウダーで
バンバンバン、って塗って。
で、そうすると、お面みたいになると、
目がどんどん小ちゃくなっていくのね。
パーツが。
佐久間由美子
あぁ〜
早坂香須子
お面がすごい好きで、
なんか、キャンパスとか綺麗に塗るとさ、
なんて言ったらいいんだろう?
点が小ちゃくなっていくの。パーツが。
佐久間由美子
・・・怖くない?
佐久間由美子
会場:笑

 

早坂香須子
完璧に作っちゃうとパーツが縮小していくから、
見えちゃうから、だからみんな盛っちゃって
なんか元の顔がわかんなくなっちゃう。

でもそういう人って喋りにくいなって私思ってて、
強いメイクもまだファッションでやるし、
強いメイクとか、ナチュラルメイクとか、
なんでもいんだけど、
ベースは素に近い人が好きだなって。

私も日にも焼けるから、シミもあるけど、
なんか「いっか、艶があれば」って感じで。

 

佐久間由美子
うんうん。
早坂香須子
だから、スキンケアは
メイクするんだったらそこを
しなやかにするために必要だなって
いうのは思って追求していったって
いうのはあるんだけど。

オーガニックについて

早坂香須子
あとはオーガニックに振り切ったのは
やっぱり私は住んだ環境が大きかったかな。
神奈川県の逗子に4年間住んでいたことがあって、
佐久間由美子
はーそうなんだ。
早坂香須子
で、逗子とか葉山って・・
神奈川県の海沿いの、鎌倉、逗子、葉山って
続き(並んでいる地域)であるんですけど、
そのへんは昔っからちょっと
文化人の人が多く住んでいる所で、
カルチャーが多くって、
海辺の町だけど映画館が昔あったりとかして
ちょっと東京とはまた別のカルチャーがある。

海も山も近いから、みんなね
地震の前から、原発の勉強とかね、
そういうちょっと、仲間内で
映画の上映会をしたりとか
詳しい人を呼んで原発って
どこまで安全なのかとか、
そういう話を集まってしてたから、
なんだろう、コミュニティー自体が
オーガニックっていうか、有機的で。

人の出入りはもちろんあったんだけど、
いなくなる人もいるし、ずっと居る人もいるし
なんかもう受け入れ体制があって
みんななんかこう仲良くなれるし。で
私は自分は子どもがいないけど、
周りの子どもは、
みんな自分の子どもみたいな感じで。

海とかも見えるから、こう
自分で流したものがそのまんま海に流れるとか、
例えばなんかこう、山もあるから畑とかもあるし
じゃこの石鹸は分解するのかな?とか
みんなそういうことを結構、考えてて。

この子どもたち、自分の子どもじゃなくって
この子どもたちに、
このきれいな自然を残せるかなって
いうことがもうベーシックな考え方であったから。
だからそこでの生活が大きかったかな。
佐久間由美子
自然に近くなるとね、
そういうことをすごい
考えてしまいますよね。
早坂香須子
でもオーガニックの分野に興味を持った時に
10年ぐらい前だったかな。
オーガニックのスーパーっていうと、
麻のざっくりした、ずるっとした洋服を着て、
佐久間由美子
あるある。笑
ちょっとサラサラした感じの。
早坂香須子
そうそう。笑
ちょっと土気色の肌をして・・笑

ディスってないですよ?
PHAETON
会場:笑
早坂香須子
で、例えば、
ブランド物のバッグを持っていたら
ちょっと今日はお店いけないんだ、
みたいな。
佐久間由美子
あ、わかるわかる。
ジャッジされるんじゃないかみたいな。
早坂香須子
そうそうそうそう。笑
なんか、そんな感じがね。あって。
なんかオーガニックコスメって
肌が弱いから、とか・・
そういうマイナスイメージ?とか
あと麻のズルっとした洋服みたいな・・
これは過去のイメージの話ね。笑
じゃないといけない、とかね。

別にいいじゃん
シャネルのバッグから
オーガニックのコスメが出てきたって。

 

佐久間由美子
うんうん。
早坂香須子
だから作ったの。
 
web_hayasaka
佐久間由美子
うんうん。
早坂香須子
わかる。
そうねー。そうだったよね。
そういう時あったよね。

メイクしない人とメイクアップアーティスト

佐久間由美子
ベジタリアン系のレストラン行くと、
メイクしている自分を
見られているような気がしてたんですよ。
昔はね〜、はい。
早坂香須子
ふふふふ
想像ができないけどね。笑
PHAETON
会場:笑
佐久間由美子
とにかく(メイクが)似合わない。
っていうのに
ある日気づいちゃって。
早坂香須子
でもさ、顔変わんなそうだよね?
メイクしても。
佐久間由美子
でもなんか昔の写真の方が老けてた。
早坂香須子
へ〜〜
佐久間由美子
多分下手だったんだと思う。
早坂香須子
ふふふ
佐久間由美子
だから日本に帰ってくると、
「え、マジ?スッピン?」って
言われたりしたけど、
今はもう誰も言わないし。
早坂香須子
だってもう
佐久間裕美子ってこれだよねって。
佐久間由美子
そうそう。化粧しない人っていう
イメージがあるから。
早坂香須子
あともう、似合ってるしね。
佐久間由美子
ありがとうございます。
佐久間由美子
でもなんか、私は
あのー、私メイクはしないって
公言しているのに・・
(早坂さんは)メイクでね、食べて
いらっしゃる方じゃないですか?笑
早坂香須子
はははは
佐久間由美子
(私と)トークショーやってくれる
早坂さんってすげえなぁって。
早坂香須子
あははは!
私もねえ、本当に考えたよ。
ちょっとね、2週間ぐらいドキドキしてて。
佐久間由美子
どうすればいいんだろう?ってなるよね。笑
早坂香須子
本当にねえ、どうすればいいんだろう?
ってなったけど、
なんか最近、面白いことに
ユミちゃんと話すって決まってから
20年間石鹸で顔を洗っていない人に
うちのコスメ使ってもらうとか、
それは近くに住んでる私の友人なんだけど。
佐久間由美子
すごいそれ。
早坂香須子
そしたら何か開眼しちゃったわけ。
「すごい気持ちがいい」って。
「肌の感じが違う」って。

私いいことしたのか、
悪いことしたのかわからなくなっちゃって。
佐久間由美子
いいんちゃう?
早坂香須子
だって石鹸も使わなかったんだよ?
そんな人にこれで顔洗ってって。
で、泥パックで、泥パック作ってるんですけど。
泥パックをさせて。
そのあとの気持ちよさに気づかせてしまって。

女性性と断絶された人/佐久間さん

佐久間由美子
へ〜
そういう日が来るかもって
私も思いますよ?
瞬間的にね。

何事も極端なのはダメっていうのは、
メイクとかも全然してなくて、
ほら、あの〜
私の日焼け止めは帽子です、
みたいなのをここ何年もやって。

そしたらこの間、
ニカラグアに行った時にね、
ヒーラーの女性に会ったら、
「こんなに女性性と断絶された
女の方に出会ったことがありません」
って言われて。
早坂香須子
えっと、それは見た目じゃなくて
ヒーラーの方ってことは内面も?
佐久間由美子
そうそう。
えー!?と思って。
まぁ、わかってたけど・・
他人に言われるとちょっとなーと思って。
早坂香須子
ふふふ
佐久間由美子
「えー?じゃあどうすればいいんですか?」
って言ったら、普通に
「ん〜お風呂に入るとか?」って言われて。
いや入ってる入ってるって、
「お風呂入ってるよ!」って。
早坂香須子
ははは
PHAETON
会場:笑
佐久間由美子
「じゃあ花を買う、とか」
あとなんて言ってたかな
「口紅をするとか」って言われて。
早坂香須子
実はね、赤リップとか似合いそうだなって。
佐久間由美子
ほんと?
早坂香須子
今度本当に時間あったら
ちょっと選びにいこう?
佐久間由美子
行く、行きます。
早坂香須子
うふふ
佐久間由美子
なんか七五三みたいに
なっちゃうんだよね〜童顔だから。
早坂香須子
でも、リップだけだったら可愛いじゃん。
佐久間由美子
大丈夫ですか?
早坂香須子
うん
佐久間由美子
じゃあちょっとそれは
お付合いいただいて。笑
早坂香須子
いつかユミちゃんの
インスタで赤いリップが・・
 
instagram_sakuma22017年10月12日/kazukovalentine 早坂 香須子|石川県のphaetonで佐久間裕美子ちゃんとトークした時に、全くメイクしない彼女に(よく考えてみたらすごい人選だよね笑→old joeの高木さん!)赤リップを選ばせて欲しいと話したことが、割と早く果たせた。
PHAETON
会場:大笑
佐久間由美子
びっくりするでしょうね。笑
早坂香須子
ざわつくよね。笑
佐久間由美子
ざわつく。笑
早坂香須子
ちょっとザワつかせよう。
佐久間由美子
ちょっと女性性との断絶性が・・

強い女性たち

早坂香須子
でもちょっと私は本当に、あの
ユミちゃんの新刊を読んで、
全然すごい、女性性の高い人だなって。思った。
あと、強いんだよね。
強いのはもう、それはしょうがないよ。
佐久間由美子
しょうがないよ。生まれついてだから。
早坂香須子
私もこの前ニューヨークに行って
友達と話していて、
一人は日本人の陶芸家の友達で、
もう一人はフランス人の代替医療のドクターで
鍼とかハーブのチンキとかを使って。
患者が世界中にいるこなんだけど。30代後半で。

まあみんなで話していたら、
「最近どうなの?プライベートは?」
って話になるんだけど、
私たち強いから、もうしょうがないよ
ついて来られる人じゃないと。って話になってて
え、「私『たち』」って何?って。
佐久間由美子
同じグループに入っちゃってるんだね。笑
あるある。
早坂香須子
そうそう。
佐久間由美子
しょうがない。笑
早坂香須子
しょうがないよね。笑
佐久間由美子
ジタバタしないっていうのも
最近のテーマなんだよ。
早坂香須子
その、さっきの山の小屋の話があった時にね、
じゃあ車の運転を練習して・・
やっぱり、山の夜に一人って怖いじゃん?
佐久間由美子
私は全然怖くないよ?
早坂香須子
本当?!
PHAETON
会場:笑
早坂香須子
やっぱり違うわ〜
格好いい。
佐久間由美子
いや、なんか・・
すっごい静かなんですよ。
めっちゃ静かなの。
音楽かけたりすることもあるんだけど、
でもね、もう・・
まあこことかは車の音とかもするしね。
静寂ってもう見つけるのが大変なんですよ。

どこ行っても。
だって、家にいたってねえ。
水の音が聞こえてくるし、
どこ行っても音楽がかかってるでしょ?
静寂のパワーってあると思うんですよね。
で。もううちなんか
隣の家が見えないくらい林だから。
早坂香須子
でもこう、虫の声とか。
佐久間由美子
虫の声は聞こえる。
冬はもう聞こえないから。
風の音みたいなものは聞こえるけど。

そのかすかに聞こえるものに
耳を澄ましてみると・・
とか言うと急に詩人みたいに
なってきたけど。笑

犬を飼おう

早坂香須子
その、体験してないから。
山の夜を一人でっていうのを。

この前ハワイ島のジャングルに
泊まっていたときには、
母屋の方に人は居るし、
カエルの声とか、鳥の声とかすごいから
ジャングルって。
そんなんに怖くはないんだけど。
急に日本の山って人も怖いなって。
何かあったら。

そう思った時に、なんか
「犬を飼おう」って思ったの。
佐久間由美子
あ〜いいですね。
早坂香須子
それでこの前それを友達に言ったら、
「え、男じゃないの?」って。
佐久間由美子
その、発想がね。笑
早坂香須子
ふふふ
佐久間由美子
発想がね、
「恋人欲しいな」ってなるところを
「犬欲しいな」って思っちゃう
カズちゃんをね。
早坂香須子
そこを、その、思いもしてなくって。
「どんな犬にしようかな」って。笑
でも犬は難しいな、散歩とかなーって。
佐久間由美子
多分、しばらくしたら犬の写真が・・
インスタグラムあたりで
見られるかもしれません。笑
早坂香須子
ははは
 

 


◁ Vol.2△ 目次を見る Vol.4 ▷

 

 

TALK SHOW|佐久間 裕美子 × 早坂 香須子 – Vol.2

tlakshow2017top_03

 

TALK SHOW|Vol.2
Harvest Festival Tapestry at PHAETON

佐久間 裕美子 × 早坂 香須子
 


テーマ:罪悪感

佐久間由美子
そうそう、それがちょっとラッキーだね。
そういう職業に巡り会えたっていう。
本当ラッキーだから、もうそれでって。
私はだから、罪悪感ってひとつのテーマで、
なんかすぐ罪悪感感じるじゃないですか。

感じますよね〜?みなさんも。(会場に向けて)
遊びすぎじゃないかな〜とか、
休み取りすぎじゃないかな〜とか、
お酒飲みすぎじゃないかな〜とか。

で、なんか体に問題が出ないとしたら別だけど、
その罪悪感っていうのは実は
何にも生産しないよねって最近思ってて。
早坂香須子
確かに私も本とかよくいろんなところで
なんだろうな〜、
例えば、身体にいいコトとか、
結局健康じゃないと
やりたいことも出来ないし、

やっぱりなんか
美しい人って健康だから。中から。
だから食べることについても
結構書くことがあって、
書いたりトークすることがあって。

うーんでもなんか、
やっぱりスナックが食べたい時もあるし。
佐久間由美子
あるある。笑
早坂香須子
深酒したい時もあるし。
早坂香須子
そういう時にやっぱり罪悪感って
絶対持っちゃいけないと思う。
佐久間由美子
そう。
どうせ遊びに行く時に、
「仕事家にあるな」とか思ってるのもね、
あれだから。イェーってやってる時に。
早坂香須子
思いっきり楽しんで、
後で頑張ればいっか。笑
佐久間由美子
それも修行っていうか
それでもこう、こそこそっと
罪悪感が後ろから寄ってきて、
ついてくる時があるから・・
早坂香須子
うふふ
佐久間由美子
毎日の修行ですよね。
早坂香須子
修行ですね〜

自分の心に素直になる

早坂香須子
どれだけ自分の心に、こう
素直に居られるか。
佐久間由美子
そう、素直に居られるか。
やりたくないことはしないとかね。
早坂香須子
最近本当にそれはテーマで、
私の友達でちょっと重い話になるけど、
肺がんになった同世代が、
40歳ぐらいで肺がんになって、
そこから全身に転移して。
佐久間由美子
うわぁ・・
早坂香須子
で、えーっと、
もちろん科学療法もして、
食事とかも変えて、
でもね、健康になったの。
最後に全部消えて。
2年ぐらいかかったけど。
戻ってきたんですよ。その彼女は。

彼女もライターで、
東京でバリバリ仕事をしていて。
音が鳴るぐらいバリバリって
仕事をしてたんだけど、
本当はちょっと怖かったの。
その子が、仕事をしている時。

でもなんか人が変わっちゃったわけ。
本当キラキラしていて、なんだろう、
なんだか透明度が高い、
みたいな人になっていて。

それで「本当によかったね〜」
って話をしていたんだけど、
「仕事どうするの?復帰するの?」
って聞いたら
「う〜ん、するけど嫌なコトやらない」
って決めたって。
佐久間由美子
あぁ〜そうなんだ。
早坂香須子
それで、やっぱり
ガンになってもそれだ、って言ってた。
佐久間由美子
ストレスなんだよね、結局ね。
ストレスが一番身体に悪いって
お医者さんが言うから。

でなんか私、睡眠・・
私寝るのが大好きなんですけど、
起きてるのも大好きだから〜
早坂香須子
うふふふふふ
佐久間由美子
会場:クスクス
佐久間由美子
いやー、肉やめたら
本当4時間とかの時もあるし、
で、一回なんか一番不健康な感じで
仕事をしている時に、お医者さんに
睡眠不足で人が死ぬってありますかって聞いたら
「ない」って言われたの。
だけど、ストレスは殺すから、
睡眠を取らないのが問題なんじゃなくて
睡眠不足によるストレスが問題で。
早坂香須子
なるほど。
佐久間由美子
ストレスって意外なところに
色々あるからね。
色々あるんですよ〜
早坂香須子
ただ対人関係とかだけが
ストレスじゃないからね。
佐久間由美子
でも対人関係のストレスはでかいよね。
早坂香須子
だいたいワークショップとか私もすると
女の子たちと終わってから話すんですけど、
最初はね、ニキビが〜クスミが〜とか、
シワが〜とか言うんだけど
10分ぐらい経つともう、すぐ
「調子が良くなった」・・って笑
佐久間由美子
そうなんですよね。笑

友人関係の賞味期限

佐久間由美子
友達関係なんかもあるんですよね。
この前ブログに、
「友人関係の賞味期限」みたいな、
別れてもいいんちゃう、みたいなことを書いたら、
めっちゃみんなからメールが来るっていう。
 
web_yumikosakuma
早坂香須子
それは、良かった、っていう?
佐久間由美子
そうそうそう。
ストレスある友人関係なんて、
もうやめます。って。
早坂香須子
お互いのためになんないしね。
佐久間由美子
ならない。
絶対。絶対両方によくないと思う。
だから「やめちゃえ」って。
みんなにやめちゃえやめちゃえって言って。
悪魔のように。笑
早坂香須子
あははは
佐久間由美子
早坂香須子
でもそこに、もうやめて、罪悪感を持たない。
お互いにそれぞれの道を行けばいいから。
佐久間由美子
行けばいいと思う。
お互いにいいことがないから。
ストレスためながら付き合っててもね。
っていうね。
早坂香須子
そうね。

 

 

 


◁ Vol.1△ 目次を見る Vol.3 ▷

 

 

TALK SHOW|佐久間 裕美子 × 早坂 香須子 – Vol.1

tlakshow2017top_03

 

TALK SHOW|Vol.1
Harvest Festival Tapestry at PHAETON

佐久間 裕美子 × 早坂 香須子
 

 

NY在住のライター/ ジャーナリスト、
2014年に話題となった「ヒップな生活革命」の著者、
佐久間裕美子さんの
新刊「ピンヒールははかない」(幻冬舎)
刊行記念のスペシャルトークショー。

 

さらに今回はトークショーの
スペシャルゲストとして
広告、雑誌、TV、ファッションと
幅広い分野で活躍されている
大人気のメイクアップアーティスト
早坂香須子さんをお迎えし、

 

「秋の収穫祭スペシャルトークショー」
としてPHAETONで開催しました。

 

1時間に渡るその様子を、
全編もらさず(!)掲載いたします。
どうぞお楽しみくださいませ。

 

佐久間裕美子
早坂香須子

 

APOC / Masako Okawa

L1422249
 
 
 

APOC PANCAKE PARTY at PHAETON

2017.6/27tue・28wed

 

ご来場のお客様を見て、
非常に幸福度の高いパンケーキパーティだったと感じました。
みなさん本当に幸せそうな表情で
パンケーキを頬張られていました。

今回はゲストのAPOCの大川雅子さんに
パンケーキの魅力について、お話ししていただきました。

 

Read more

PHAETON SMART CLOTHES -ECLUSIVE, SMART NEW DESIGNS and OLD FAVORITES-
PHAETON SMART CLOTHES -ECLUSIVE, SMART NEW DESIGNS and OLD FAVORITES-