上が、日本製。

下が、アメリカ製。

 

 

 

これをねぇ、

自分でピントの位置を決めて、構図を決めてシャッターを切る。

マニュアルレンズの感触やピントを自分であわせる。

 

 

そのプリミティブな行為ひとつひとつに、

ワタシハ日々、精を出している。

 

 

 

 

 

「 子供と大人のちがいは、玩具の値段の違いだけである。

 

 

開高 先生のお言葉だ。

 

 

 

 

2017 . . . . 6 . 29